今時の出産祝い事情

出産祝いは難しい?

友達が出産したり、出産祝いを渡すタイミングが訪れたとき、何をあげようか悩んでしまいますよね。(参考記事⇒今時の出産祝い事情)

大人が使うものではなくて赤ちゃんが使うものふぁったりするといろんな要素が入ってくるので悩むポイントは多くなってしまいますよね。

赤ちゃんの成長を見越したものはたくさんあります。すぐ大きくなってしまうので服などは上げるのも難しいですね。


オムツなど後にのこらないものを出産祝いに

オムツやおしりふきなどは毎日使うのですぐなくなってしまいますよね。そういったものをあげたほうが喜んでもらえるケースがあります。

後に残らないもののほうが相手の気負いも小さくなってもらいやすいという利点があります。

消耗品をあげると喜んでもらえる場合と、いろんな人からもらったり自分で準備している場合もあって余ってしまうことがあるので気を付けてくださいね。


困ったらギフトカード

出産祝いに何をあげていいのかわからない。要らないものをあげて迷惑になるのはいやだし…という人はギフトカードをプレゼントしましょう。

ギフトカードならば絶対に邪魔になるということはありませんし、荷物にもならないのでおすすめです。

トイザらスのギフトカードをあげれば、あかちゃんのおもちゃを買えるから喜ばれるかもしれませんよ。


出産祝いでセカンドシューズを

出産祝いでは、すぐに赤ちゃんが利用できるロンパースやおむつカバーの他に、タオルなどの消耗品を、という人もいます。非常に親しく、自分が好きなもの、詳しいものをあげたいなと思う人には、10センチくらいのセカンドシューズはいかがでしょうか?


出産祝いだけど、ちょっと先に使うもの

靴というのは一年くらい、出番はありません。赤ちゃんが自分で歩くようになるのが、個人差もありますがだいたい、1歳すぎという認識が大きいからです。(参考記事⇒今時の出産祝い事情)またファーストシューズというのは、親としても思い入れの強いものなので、あまり他人から渡すことはすすめられません。しかし、一度お外に出て自分で歩くようになると、靴の底はどんどん擦り減ってしまうのだそうです。


大き目サイズの靴を探してみよう

10センチくらいの、完全に自分で歩くということを想定したシューズなどは、値段の面でも助かったというお母さんは多いそうです。ただし、地域によっては初めての靴のプレゼントを1歳でおばあちゃんがするなど、習慣で他人があげるものではないということもあるそうです。地方にお嫁に行った友達に出産祝いを渡すときは、習わしなどのことも理解したうえで、スニーカーを渡したいけれどどうかな?など、相談してからだと安心ですね。


連名で出産祝いをあげるときはどんなものがいい?

出産祝いを友達や会社の人と一緒に、連名で渡すこともあるかと思います。連名で渡す場合には予算や商品などをどのように選べばいいのでしょうか?連名のメリットは、お金を出し合うことで個人的に渡すよりも、高額なプレゼントを送れることにあります。


出産祝いでお返しをもらわない場合

これは間柄にもよりますが、親しい場合には一人数千円で、内祝いはいらないという約束で出産祝いをあげるということもあります。この場合には、ベビー服のセットなど、自分で買うには高価なものを一点と考えるそうです。(参考記事⇒今時の出産祝い事情)夫婦で連名にする場合には、上げる相手との間で決めるそうです。親戚であれば少し高くなるケースもあるそうです。


相場があってないようなもの

出産祝いでは、お祝いの相場があってないようなもので、地域によっても大きく変わってくるそうです。そのため、金額的な無理をして渡す必要はないと言われています。また、相手のお母さんが好むデザインなどを知っているのであれば、ベビーバックやスタイなど日ごろ、赤ちゃんが利用するものをプレゼントすることもあるそうです。タオルなどは何枚あっても困らないと言われていますから、必需品のデコレーション商品などもいいかもしれませんよ。


出産祝いで何を贈ろうかお悩みの方へ

皆さんの周りの方で出産を迎えられた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そんな時に何を贈ったら良いのか悩んでしまいますよね、一体何を贈ったら喜んでもらえるのかいろいろ考えて堂々巡り・・・なんていう方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。(参考サイト⇒出産祝いにはプリザーブドフラワーを送ろう)そこで最近はインターネットが充実していますので、そこで出産祝いについて調べてみることをお勧めします!


出産祝いにはウェイトベアがおすすめ!

やっぱり出産祝いですから何か特別なものを送ってあげたいですよね!
そこでおすすめなのがウェイトベアなんです、皆さんも一度くらい耳にしたり見たことがあるのではないかと思います。
赤ちゃんと同じ重さのベアを作っていただけるところがありますので、そちらがお勧めですね。
赤ちゃんはやがて成長して大きくなっていきますが、ウェイトベアはその頃の体重のままですので非常に良い思い出になるのではないかと思います!


特別なものを贈ってみましょう!

出産祝いは特別なことですから、何か変わった素敵なものを贈られると喜んでもらえるかもしれませんね。
他に誰も持っていないような素敵なものを見つけて贈られてみてはいかがでしょうか?
他にもぬいぐるみが風船の中に入ったバルーンギフトなどもありますので、ぜひ色々調べてみてはどうでしょうか?


出産祝いでお食事会なんてどう?

出産祝いといっても「物」をあげるばかりが全てではありません。「時間」をプレゼントというのはどうでしょう?


出産祝いの食事会

もちろん退院してすぐなどは無理でしょうし、数か月は育児に忙殺されてしまうでしょう。ですが、そんな時だからこそストレスや疲れがどんどん蓄積されてしまうものでもあります。
こんな素敵な出産祝いの例を紹介いたします。
以下の例はご主人から奥様への例ですが、お友達やご家族でも出来ることですので、参考にしてみてください。
「僕の妻は、強がりというか、人を頼るのが下手な性格をしていました。初めての育児なのだから分からないことだらけで当然だと思うのですが、それでもなかなか他人を頼ろうとしませんでした。けれど、本人は目に見えてやつれていくのが、夫としては何もできない、何もさせてくれないというのが非常に悲しくもありました。
そんな時同僚の奥さんが看護師さんで、しかも小児科に勤めているということ聞きました。そこで同僚にお願いして、食事会兼勉強会を開いてもらうことにしたのです。
妻には、「同年代の子供を持つ社員とその家族の懇親会」という名目で参加してもらいました。


あくまで意見交換の場というのが功を奏した

強がってはいたのはやはり表向きだけで、本当は「これはこうでいいのか、これはおかしいのか」ということを誰かに聞きたくて仕方がなかったようです。
自分が一方的に頼るのではなく、皆で一緒に意見を交換して勉強しようという形なのが良かったようです。今では僕が促さなくても、自分で「ママ友会」だとか言ってお茶をしにいっているようです。


出産祝いで渡したい、仕掛けえほん

出産祝いで、頭に浮かぶものはなんですか?ベビーグッズはたくさんありますが、やはりタオルやベビー服などが多いかと思います。実際に、ロンパースや下着などはすぐに利用するものですから、もらって困ることはありませんね。とても親しい友人であれば、仕掛けえほんなども人気です。


出産祝いにぴったりの、仕掛けえほん

仕掛け絵本とは、引っ張ると隠れている動物が現れたり、木などが立体的になっていたりする絵本です。有名で大人でも人気が高いのがアリス・イン・ワンダーランドだと言われているそうです。このえほん、子どもはもちろん、大人でももらうと面白いものです。生まれたばかりだとまだ、絵本などに興味を示すことはないかと思いますが、年齢とともにお話を聞いたり、お母さんやお父さんが読み聞かせをしたりすることも増えるはずです。


絵本に穴のあいているものも

『はらぺこあおむし』などは絵本に実際に穴があいていることもあります。小さなサイズであれば、お出かけのときに持ち歩くこともできます。中には、産まれた子の名前を主人公にした絵本をつくってもらえるところもあるそうです。また、赤ちゃんが扱っても危なくない、布絵本などもあります。お友達に聞いてみて、もしも趣味があいそうならば、絵本なども出産祝いのプレゼント候補に挙げてみてはいかがでしょうか?


2人目の赤ちゃんの出産祝い

2人目が生まれました、と嬉しいニュースが飛び込んできて悩むのが、二人目の赤ちゃんの出産祝いです。初めて産まれるときは何もそろっていないということもありますから、お祝いのプレゼントの選択肢も広くありますが、二人目だともらって困るものもありますよね?


2人目でもうれしいベビー服や消耗品

赤ちゃんは着ている洋服をすぐに汚してしまいます。そのため、オーガニックタオルなど肌に優しいベビー服も、着まわせないほど汚れてしまうこともあります。また二人目でも、赤ちゃんにはかわいいお洋服を着せたいと思うのが親心です。どんな色がいいか、アレルギー反応が強くないかどうかなどを確認して渡せば、趣味が違うということも避けることができますね。


出産祝いの前に確認したい赤ちゃんのこと

出産祝いは、赤ちゃんに渡すものですが、同時に管理する、これから育てるご両親へのお祝いでもあります。また、産まれたばかりの赤ちゃんは肌が敏感だったり、中にはアレルギーを持っていたりする子もいます。一人目は大丈夫でも、二人目はアレルギー体質だった、ということも少なくありません。衣服などを渡すのであれば、あらかじめ赤ちゃんにアレルギーなどがないか、身に着けると肌が荒れてしまうものはないかなどを確認しましょう。


出産祝いの相場

出産祝いはまず何といってもだいたいの価格帯を定める事から始まります。しかしこういったお祝いの相場などは中々何処かに明記されているわけでもなく、また費用が多すぎても少なすぎても気まずい空気になるので注意が必要です。


現金を直接渡す場合

出産祝いに現金を渡す場合まず金額より渡し方に気をつけなくてはなりません。まず渡すお金は絶対新札である必要があります。また金額に関しても自分とお祝いする相手の関係に準ずる相場である事が大切な他、9千や4万といった「死」や「苦」を連想させる金額はお祝い事なので厳禁です。


出産祝いの適正価格

また現金で渡すにしてもプレゼントを贈るにしても、出産祝いには贈る相手との関係に応じてだいたいの相場が決まっているといいます。例えば両親にあたる方が息子や娘さんの出産祝いにかける金額は凡そ2万円から5万円だと言われています。また兄弟にあたる方のかける金額は凡そ1万円から3万円、親類で3千円から1万円が相場だと言われています。また会社の同僚や友人にお祝いを贈る場合はだいたい3千円から5千円くらいの金額に設定する事が多いようです。尤もプレゼントを買う場合定価はそれほど露骨にはわかりませんし、多少多い分や少ない分は何ら問題ないと思われます。


出産祝いに喜ばれるものは?

友達や親せきに赤ちゃんが生まれたら、お祝いを渡したくなりますね。しかし、赤ちゃんの性別がわかっても、やっぱり趣味などがわからないとプレゼントは送りにくいものです。出産祝いでもらうとうれしいものとはなんなのでしょうか?


出産祝いで人気が高いおむつケーキ

おむつケーキとは、おむつを丁寧に積み立てて、ケーキのようにデコレーションしたものです。中のおむつは会社によって違いますが、オーガニックコットンを利用したお店などもあるので、敏感肌の赤ちゃんでも安心です。見た目もかわいく、小さなおもちゃやバスタオルが付属しているものもあるそうです。おむつは消耗品でいくつあっても困らないですから、おすすめです。


赤ちゃんが使う消耗品は人気

赤ちゃんが生まれると、ティッシュペーパーもウエットティッシュも、何もかもがどんどんなくなります。使ったら捨ててしまうものの消費量は非常に増えるそうです。また、赤ちゃん用のバスグッズにはすぐに泡で出てくるソープなども人気があります。泡で出てくるソープは人間が朝、顔を洗うときにも利用できますし、ベビーバスでも活用できます。